子供たち

子どもの健やかな成長を願って五月人形や雛人形を贈る

子どもが好きなデザイン

ランドセル

ランドセルは子どもが長い間使用するものなので、気に入るデザインのものを購入してあげることが大切です。色やステッチ、形のデザインなど子どもによって好みは異なるので意見を聞くようにしましょう。

More Detail

購入するポイント

金太郎

男の子が誕生したときには健やかな成長を祈って五月人形をプレゼントします。五月人形は子どもを守ると言われているもので以前はお嫁さん側の実家から贈ることが多かったものですが、最近ではどちらの実家が贈るという決まりは特に設けられていない地域も増えています。両家それぞれお金を出しあって五月人形を購入することも多くなっていますが、今も昔も子どもの健康を願う気持ちは変わりません。どちらの家の人も自分が贈りたいと考えるものですが、購入するときにはトラブルが起きないように相談して決めるようにしましょう。誰が購入するのかということの他に、男の子が何人か生まれた場合にはどうするのかということも五月人形を買う上で悩む人は多いです。子どもを守るためのものなので通常は男の子一人につき一つを贈ります。次男が生まれた場合はその子のために新しい五月人形を購入してください。そのときに長男と同じものを購入すると、子どもに同じものは嫌だと言われることもあるので種類を変えて選ぶという家庭も多いです。別の種類を揃えると子どもが喜ぶだけではなく、飾ったときの見た目も賑やかになります。
端午の節句に合わせて五月人形は飾りますが、飾り始めるのはそれよりも三週間ほど前からです。飾り始める日や購入を行なう日はなるべく縁起が良い日を選ぶようにしましょう。しかし、縁起が良い日に予定を合わせるのはなかなか難しいものなので購入の際には早めに購入することが大切です。端午の節句が近くなると購入する人も増えて在庫がなくなるので気に入るものが見つかりにくくなりますし、配達にも時間がかかります。

暦を調べる

人形

雛人形を飾るには2月の上旬から中旬頃がいいとされています。その日取りはなるべく縁起がいい日にするためにその年の暦を調べることが大切です。大安の日や雨水の期間が好まれます。

More Detail

種類による違い

日本人形

子どもの中には五月人形の顔を怖がる場合がありますが、そういった子どもには兜飾り五月人形を贈りましょう。顔がなく兜部分だけの飾りなので子どもが怖がることは少ないです。

More Detail